参加規約

第1条(本規約の範囲および変更)
下記第4条に基づく本ワークショップ申込を当社が承諾した全ての参加者(以下「参加者」という)は、本ワークショップ参加承諾書を株式会社1107(以下「当社」という)に差し入れた段階で本規約の内容を承諾したものとみなされます。
2.当社は、参加者に通知を行うことにより、本規約の変更又は細則の制定をすることができるものとします。但し、当該変更規定又は細則が通知された後に、参加者が当社のワークショップに参加した場合には、参加者は当該内容に同意したものとみなされ、当該変更規定および細則は、本規約の一部を構成するものとして、参加者に適用されます。
3.参加者は本ワークショップの運営を当社が指定する当社の関連会社である合同会社ジョインポイント及び株式会社ブルーエールに委託することを承諾するものとします。

第2条(参加料金等)
参加者は、当社が参加申込の承諾通知を受領後直ちに承諾通知記載の方法により、書類また電子メールで当社が掲示する参加料金に基づき参加料金を期日までに支払うものとします。

第3条(本ワークショップの申し込み)
本ワークショップの参加希望者(以下「参加希望者」という)は、本サイト上に掲載する手続、または当社の定めるその他の手続に従って、参加の申込(以下「参加申込」という)を行ない、氏名・住所・電話番号その他当社の別途定める事項について、正確且つ最新の情報(以下「登録情報」という)を申込書に記載して提供するものとします。

2.参加者がプロダクション等に所属している場合(以下所属団体)、所属団体の承諾を得て本ワークショップに参加申し込みをしているものとします。

第4条(本ワークショップ参加申込の承諾)
当社は、本規約に承諾し第3条の参加申込を行った参加希望者に対し、本ワークショップの参加を許諾する旨と、参加料金の支払方法を適切な手段(本サイト画面、書類、電子メール)にて通知するものとします。
2.当社と参加者間の本ワークショップの提供に係る契約(以下「本契約」という)は、参加料金全額の入金を確認したときに有効に成立し、参加希望者は、本規約の定めに従い参加者たる資格を取得するものとします。

第5条(申込みの変更・取消)
受講開始後の参加料金の返金はできません。ただし本ワークショップの運営上やむを得ない場合の中断・中止については第10条に則ります。

第6条(個人情報・登録情報の取り扱い)
当社及び当社の協力会社が取得した個人情報は、法令で定める場合を除き、明示した利用目的の範囲内でのみ利用します。

第7条(録音・録画・撮影記録の使用)
当社が、 ワークショップ時に撮影した映像、スチール、氏名、プロフィール等(肖像権)の映像化、放送、宣伝に使用する事を本ワークショップに関することに限り、全ての肖像権を当社に帰属することを承諾するものとします。

第8条(講義内容に対する権利)
本ワークショップに含まれる一切のノウハウ、アイディア、手法その他の情報、本ワークショップにおいて提供される教材、ならびにその他本ワークショップ使用される一切の名称および標章(以下併せて「講義内容」という)についてのノウハウ、著作権及び商標権その他一切の権利は全て当社に帰属し、参加者は、これらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。
2.参加者は、講義内容を自己の学習の目的にのみ使用するものとし、いかなる方法においても、参加者個人の私的利用の範囲外で使用し、または、第三者に対して、頒布、販売、譲渡、貸与、修正、翻訳、使用許諾等を行ってはならないものとします。ただし、オーディション情報について周知の事実となった場合は、この限りではありません。

3.参加者は、別途当社が明示的に許可する場合を除き、録音、録画、撮影その他いかなる方法または媒体を用いるかを問わず、講義内容を記録することはできないものとします。

4.参加者は、本ワークショップの参加に際して、他の参加者から取得した一切の個人情報について、いかなる第三者にも開示または漏洩してはならないものとします。但し、当社は、参加者による他の参加者の個人情報の取扱に関して一切の責任を負わないものとします。

第9条(参加者資格の中断・取消)
参加者が以下の項目に該当する場合、当社は、事前に通知することなく、直ちに本契約を解除し、当該参加者の参加者資格を停止または将来に向かって取り消すことができるものとします。
(1)参加申込において、虚偽の申告を行ったことが判明した場合。
(2)ワークショップの内容を適切に理解できない可能性がある場合、もしくは当社が本ワークショップの参加者としての適格性に欠けると判断した場合。
(3)営利またはその準備を目的とした行為、その他当社が別途禁止する行為を行った場合。
(4)参加者に対する破産、民事再生その他倒産手続の申立てがあった場合、または参加者が後見開始、保佐開始もしくは補助開始の審判を受けた場合。
2.当社は、本条1項に該当する場合の外、参加者が本ワークショップの進行の妨げになると判断した場合、退席を命じることがあります。

第10条(ワークショップの中止・中断および変更)
当社は、本ワークショップの運営上やむを得ない場合には、参加者に事前の通知なく、本ワークショップの運営を中止・中断および変更できるものとします。
2.前項の場合には、当社は、本ワークショップの中止または中断後1ヶ月以内に参加料金を返金します。但し、当社の責任は、支払済の参加料金の返金に限られるものとし、その他一切の責任を負いません。

第11条(参加料金の返金方法)
参加のキャンセル、本ワークショップの中止または中断による返金方法は、その他参加者が指定する銀行(郵便)口座に振込することとします。但し、返金額は支払い済みの参加料金に限られ、参加者が負担した手数料(振込手数料等)は返金の対象となりません。

第12条(損害賠償)
参加者が、本ワークショップに起因または関連して、当社に対して損害を与えた場合、参加者は、一切の損害を補償するものとします。
2.本ワークショップに起因または関連して、参加者と他の参加者その他の第三者との間で紛争が発生した場合、参加者は、自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、当社に生じた一切の損害を補償するものとします。

第13条(当社等の責任)
当社は、故意または重過失に基づく場合を除き、本ワークショップは本規約に関連して参加者または第三者が被った特別損害(予見可能性の有無を問わない)、間接損害および逸失利益について何ら賠償責任を負わず、通常損害について、当社が当該参加者から現実に受領した参加料金の範囲内でのみ、損害賠償責任を負うものとします。
2.当社は、本条1項に該当する場合の外、参加者が本ワークショップの進行の妨げになると判断した場合、退席を命じることがあります。

(2015年7月1日制定)
(2016年12月1日改定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL